インターン生採用ページ

自分が将来本当に何をしたいのか、まだ見つかっていない学生集まれ!

メンバー全員20代 応募殺到中 インターンシップ募集!!

既存の塾には違和感がある、でも高校生のために何かしたい、でも学校の先生ではない、というあなたへ

インターンシップ募集

パラリアのインターンは、

こんな人にオススメ!!

  • 「教育には携わりたいけど、将来学校の先生は違うと思っている」
  • 「従来の塾講師のバイトには色々と不満がある」
  • 「教室長の態度に不満がある」
  • 「教えるだけではなく、自分自身も成長したい」

そんなモヤモヤを抱えたまま、時間給で人生を無駄にするのは是非やめてください

募集要項

インターンシップ募集要項

職種:高校生の学習指導、学習法指導、コーチング、校舎運営、マーケティング業務。

給与:基本給+成果報酬。自己申告制度あり。

応募資格:6か月以上勤務できる人。平均して週3日以上勤務できる人。曜日や時間帯はかなり融通がききます。

歓迎する人物像:長期的にやる気のある人。お金のためではなく、成長や経験を重視する人

勤務時間:15時~22時。平日・休日等の調整可能。

勤務日数:週3日前後。に応じて調整可。

会社について

●学習塾という極めてブラックな業界に喧嘩を売りたい●

学習塾で「わき目も振らずに勉強」

もはやこんな時代ではないことに、多くの人が気づき始めているかと思います

そういった時代の変化を感じていない人はもちろんのこと、

実はわかっている人でさえ、

納得できない従来の塾のシステムの上で

塾講師としてこき使われています

多くの時間外労働に不平等感を感じつつも

校舎長に文句一つ言わずに耐えている学生講師の方は後を絶ちません

●パラリアは、高校生の自主性を100%応援する会社です●

企業情報

勤務地:埼玉県春日部市粕壁東2-3-29

最寄駅:春日部駅

HP:https://kasukabe.pararia.jp/

代表取締役:浅見 貴則

設立:2016/03/07

>職場環境

毎週決まりきった学習指導の時間はありません

生徒からの相談に何でも乗ります。わからないことは一緒に考えます

講師は教えるのではなく、問題解決のやり方を一緒に考えて、その場で解決してみせる存在です

講師はパラリアのシフト時間中に、自分のためのこともできます

講師も生徒と同じく、同じ空間で自分の課題(研究、趣味、頑張っていること)に向かって努力します

学習指導の他に、生徒と食事に行ったり、将来の話をしたりもします。

>メンバー紹介

>仕事内容

・学習アドバイス:対応科目について、質問されたら一緒に考えて答えます

・学習法アドバイス:対応科目について、各生徒に合いそうな学習法を一緒に考えてトライ&エラーします

・生活アドバイス:休憩の仕方、就寝時間、朝の起き方、小腹が空いた時どうするか等、高校生の悩みは勉強だけではありません。勉強のことではないけれど、勉強に関わることもすべて一緒に考え、常により良いものを追求します

・背中を見せる:必死に頑張るのは生徒だけではありません。指導していない時間は、講師も自分のために必死に努力します。それはパラリアの業務でも、自分のことでも同様です。


>想い
教育の目指すところは実に様々なカタチがあります。
そのため、我々がどんな信念を共有しているかについてお話いたします。

我々には嫌いなものがあります。「教育」という言葉です。

教育という言葉は、非常に上から目線に感じるからです。
勉強を教えるという場面において、先生が知っている知識を生徒に教えるという構図を描いてしまうと、「知識を持っている人は偉い」となってしまいます。

ただ高校生より多くの年数を生きているというだけであって、偉そうにする理由は何一つないと信じています。

上記の理由から、知識を知っているというだけで上から目線になってしまいがちな学校の教師や塾の講師が嫌いです。経験豊富な年配の先生ならまだしも、高々20代や30代の我々が、上から目線になれるほどの理由は見当たりません。

高校生と自分は大して変わりません。努力量だけで言えば、高校生の方が頑張っているかもしれません。大学受験においては経験者と未経験者の違いがあります。しかし、人生という大きな枠組みで見ればそこまで大きな差ではありません。

我々にもそれぞれ影響を受けた先生がいます。その先生方は皆、肩書ではなく意識・姿勢・行動が素晴らしかったです。
あなたにももし影響を受けた先生がいらっしゃるのなら、その気持ちを共有できるのではないかと思います。

我々が共有する信念は、

「一つの勉強法が正解ではない。その人その人のベストを追求していく」

というものです。こういった信念のもと、

・教える人間がリアルタイムで成長していなければ、下の世代はついてこない
・下の世代についてきてもらうために、自分自身も努力し、成長したい
・成長の方向は何でもいい。ただ、偉そうにふんぞり返っていることだけはしたくない

こうした熱意を持った人がようやく、教育現場で高校生に関わることができると信じています。

では、こういった信念をどのように実行していっているかお伝えします。

一言で言うなら

背中で語る

古い言い方かも知れません

山本五十六の

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

は有名かと思います

高校生を自分の車に乗せてあげて、アクセルを踏んでスピード感を体感してもらう。
それで何かが変わったら面白いし、そのときは変わらないかもしれない。

そんなスタンスです。

全員のやり方が正解です。指導方法は、スタッフ一人一人をある程度信じます。
一通りのやり方が、高校生全員に当てはまるはずがありません。

高校生一人ひとり専用の学習方法を一緒に考え、教材を一緒に選び、ベストな学習スケジュールを一緒に考えます。その高校生に100%ベストマッチさせるのは事実上不可能かもしれません。しかし我々、それを目指してチャレンジし続けます。

生徒とともに、我々も成長していなければいけません。

「未知のものにチャレンジする試行錯誤、そのすべてが価値になる」

パラリア自分を常に進化させていく場所です。
ご縁があった高校生のために、そして自分のために。

そんな想いを持って仕事する我々は、業務中でも自己研鑽ができます。マニュアルはほとんど存在しません。

あなただからこそできることを、我々も一緒に探します。

パラリアは
・高校生から刺激を受けながら、毎日お互いの成長を体感できる
・試行錯誤をすべて価値に変える
・新しい働き方が推奨される
そんな場所です。
頑張る高校生を応援する、一つの場所に過ぎません。

あなたの背中を見て、変わろうと思う高校生が必ずいます
あなたにしか変えられない高校生がいます

そんな高校生と、あなたはどこで出会いますか?

株式会社パラリア
代表 浅見貴則

●お問い合わせフォーム●

まずは話だけ聞きたい方も歓迎なのでお気軽にお問合せください

応募者が集まり次第募集を締め切りますのでお早目にお申込みください