パラリアの指導システム

 
このページでは、

  • 自習室だから教えてくれないんでしょ?
  • 時間無制限の家庭教師ってどういうこと?
  • 自習だけで成績は上がるの?

 
こういった疑問にお答えします。

 
 

パラリアの指導システム


 
パラリアは大きく分けて2つの考え方で成り立っています。

  • 毎日の積み重ね
  • 毎月の発見と調整

 
毎日の積み重ねを記録し、その記録を元にその日の評価、明日への改善案、立てたスケジュールの評価と改善を行います。
 
 
日々の改善は、小さな効率UPに繋がるものの、これだけでは自分の殻を破ることはできません。
 
 
 
そこで、毎週・毎月単位で自分の視野を広げたり、自分以外の学習事例を知る機会を提供することで、毎月個々人の殻を割っていきます。
 
 
それぞれ具体的には、以下のシステムによって構成されています。
 

毎月の積み重ね

 

毎月の発見と調整

 
これらを図解すると以下のようになります。




 
各要素について一つずつ解説していきます。
 
 

ガントチャート




 
パラリアで設計するスケジュールは、

  1. 性格によってどう遅れる可能性があるかをあらかじめ考慮して
  2. 遅れても後日リカバリーができる余地を残し
  3. こなすことでしっかり結果が出るよう繰り返しを加味した

上記のようなスケジュールです。
 
 
このようなスケジュールを立てられるのが最善ですが、白紙や普通の手帳に書こうとすると、欄が大きすぎたり余白が足りなかったりと、かなり難しいです。
 
 
そこでパラリアは、生徒のスケジュール立案に最適な「学習ガントチャート」を独自に作成しています。
 
▼生徒が実際に使っていたガントチャート


 
 
計画の立て方は以下の通りです。

  1. 直近30日以内にある学校の試験、外部模試、またはパラリア独自模試を目標にする
  2. その目標を達成するために、必要があれば参考書の選定する
  3. 何日にどの科目のどの参考書を、何ページから何ページまでやるかを決める
  4. 参考書ごとに勉強法・1日ごとのペース・定着確認方法・遅れた際どう対応するかを決める

 
すべて一つずつ相談して決めていきます。
 
 
講師と相談しつつ、最終的には自分でスケジュールを決定します。
 
本人の「このスケジュールで頑張ります」という言葉がないと面談は終わりません。

 
 
次の試験までのスケジュールを組みますが、一日二日遅れることはよくあります。
 
 
その都度、その遅れは取り戻せるかどうか、許容できる遅れかどうかを判断することができます。
 
 
こうして試行錯誤していくうちに、スケジュールの立て方がどんどん上手になり、予定通りが当たり前になります。

 

24時間日記



何時間勉強して、何時間寝たか、通学は何時間かかったかなど、毎日何に時間を使っているかを記録します。
 
 
性格や学力に関係なく、時間は全員平等です。
 
 
1日24時間の使い方がどれだけ上手かが重要です。
 

▼生徒が実際に使っていた24時間日記


 
24時間の使い方を記録することは、どれだけ学習時間を多く取っているかを確認するためではありません。
 
 
学習時間が長ければいいという時代遅れの考え方では、学習効率は高まりません。
 
 

24時間のうち、学習していない時間をどれだけ効率的に活用できているかが問題になります。
 
 
休憩してリフレッシュする時間も、学習にとって必要不可欠です。

 
 
むしろ休憩しないで学習し続けている方が、途中で一気にペースダウンして、結局学習効率が悪かったということも少なくありません。
 
 
24時間の使い方を記録することは、「すべて計算通りなので、自信を持って休憩できる」ためのものです。
 

フットマーク




毎日のスケジュール達成度と満足度を記録していきます。
 
突き詰めると、学習は一日一日の学習効率や満足度、充実感の積み重ねでしかありません。
 
 
事前に決めておいたスケジュールに対して、学校から突然出された課題や、家族・友達との予定が入ったりして、スケジュール通りにいかないこともよくあります。
 
 
そういったことをすべて加味して、その日一日充実感を持って頑張れたかどうかを確認するためのものです。
 
 
このシステムによって、来校したパラリア生はスタッフと一回以上は必ず学習スケジュールのことをスタッフと話し合います。
 

模試




パラリアでは、毎月模試を実施します。
 
現役生は学校の定期試験を中心に、スケジュールを組んでいきます。
 
希望があれば、学校の試験をこなしつつ、大学受験のためのスケジュールも組んでいます。
 
 
外部の模試で結果を出すことを目標に、すべてのスケジュールを立てていきます。
 
パラリアは、年数回の模試で学力を客観的に把握するのは非常に難しいと考えており、毎月の模試の結果を追いかけることにより、立てるスケジュールの目標と現状とのギャップを常に明確化します。
 

内省シート




模試、または学校の試験が終わると、一科目ずつ内省面談を行います。
 
 
その科目で何点取るために(目標が100点でない場合もあります)

  • 何日間の準備期間で
  • 何時間その科目に時間を使ったのか
  • その時間の学習効率がどれくらいだったか
  • 定着度の確認は正しく行われていたのか

 
 
等、あらゆる点を振り返ります。
 
その中で、工夫すればもっと良くできた点がいくつも出てきます。
 
それらを踏まえて、次の試験に向けた学習スケジュールを立てます。
 
 
この内省の過程をしっかりやることで、どんどん自学自習がうまくなります。
 
 
授業を受けている場合では考えられない学習効率で、学習できるようになります。
 

振り返り会




先月の模試から今月の模試までに、「自分がどんな工夫をして学習していたのか」を
他のパラリア生とペアになって、お互いに共有します。
 
進め方は以下の3ステップです。

  1. 片方が今月の自分の勉強に関することを5分間話し続ける
  2. 聴いていた方が、「なぜこの質問をするかというと」という枕詞を付けて、5つ質問をする
  3. 1と2を交互にやった後、「今からすぐに取り入れたい工夫や考え」を全員一つずつ発表

高校生は普段、他の人の学習の工夫について聴く機会はめったにありません。
 
 
さらに、パラリアではどれだけ工夫して自習するかが勝負なので、皆それぞれとても工夫を凝らして学習しています。
 
 
他のパラリア生の工夫を知ることで、自分では考えもつかなかった工夫をたくさん知ることができます。
 
 
そしてそれを自分の普段の学習にも活かすことで、一人では到達しえない学習効率を実現します。
 
 
最近話題のアクティブラーニングでは考慮されていない、特定の状況で役に立つ知識を大きな価値あるものと捉えています。
 

パラリアトーク




 
大学生や社会人の方をお招きし、その方の小・中・高校時代のお話や、進路の決め方、これまでの人生の意思決定の過程を一つ一つうかがいます。
 
 
基本的に内部生限定なので、心理的安全が保たれ、講師が中心となって質問していくので、普段いろんな人とお話しない学生でも、深くその方のお話がうかがえます。
 
 
自分よりも人生経験が豊富な方の進路決定の思考過程を聴くことにより、「自分の進路はどうしよう」と考えるきっかけを作ります。
 

 
さらに、「自分も頑張ろう」とモチベーションが上がります。
 
 

最初はうまく将来が描けなくても、たくさんの方の進路決定の過程を聴いていくと、「この人とは考えが近いな」等、少しずつ将来が描けるようになります。
 
 
そういった新しい刺激を受けないことには、この先のことは描いていけない時代になっているのです。
 

集中ゼミ




 
パラリアは自習中心の学び場ですが、必要があれば講義を行います。
 
複数の生徒が同じ問題で悩んでいたり、自習では克服するのが難しい悩みを抱えていることが分かった時に行います。
 
 
しかし、ただ勉強の内容を説明するのではなく、「ゼミ」という形で参加者全員の感覚をうかがいながら、一人ずつにフォーカスして学ぶ場を設けます。

 
集中ゼミはゴールが明確で、惰性で授業ばかりをするということがありません。
 
 
さらに、集中ゼミは自由参加で、参加してもしなくても、追加で指導料等も発生しません。
 
通常の塾ではまずあり得ない、「足りないところを勝手に感知して克服できるまで対策」します。

 


 

以上の8つの要素をミックスさせることにより、

自分にとって最も学習効率の高い最高の自習スタイル

を確立するのが、パラリアの指導システムです

【自習室×家庭教師】パラリア春日部
PARARIA
無料で相談する